2018年07月24日

絶対知っておきたい!尿漏れパッドの選び方


クシャミをしたり、立ち上がったりしたときに
「あっ…!」と不意に出てしまう尿漏れ。

加齢や出産などで骨盤底筋がゆるむことが原因です。

女性だけでなく、男性も50代の4人に1人、
60代の2人に1人が「前立腺肥大症」による
「尿失禁」に悩んでいます。

他人に気づかれる量でなくても
尿漏れによって下着が濡れたりズボンにシミが出来たり
臭いが気になったりと、非常に悩ましい問題です。

その悩ましい問題の対策として
便利なのが「尿漏れパッド」。

下着にパッドを貼り付けて
尿漏れを吸収してくれるんです!
nyoumore1.jpg
でも、各メーカーからさまざま種類のものが販売されていて、
どの「尿漏れパッド」を選べばいいのかわからない!
という方もいらっしゃると思います。

そんな方のために、「尿漏れパッド」の選び方と
おすすめランキングをご紹介いたします。

尿漏れパッドとは?

お悩み.jpg
尿漏れパッドとは、尿の特性を考えて開発された製品です。
①優れた吸収力
②アンモニアへの消臭効果
③もれの量や用途に合わせたタイプ
が特徴です。

おりものライナーや生理用ナプキンと違って
尿漏れパッドは「尿」に特化した製品なのです。

尿漏れパッドの注意点は?

尿漏れ.jpg
尿漏れパッドは、長時間ずっと濡れたままだと、
尿道に雑菌が入り膀胱炎になってしまう恐れがあります。
出来るだけ、こまめに取り換えるようにしましょう。
(特に女性は膀胱炎になりやすいので注意しましょう)

尿漏れパッドと生理用ナプキンとの違いって?

尿漏れ2.jpg
尿漏れパッドは「尿」を、生理用ナプキンは「経血」を
吸収する目的で作られています。

「経血」「尿」は成分・粘度がすべて異なります。
ですので、吸収するしくみも違います。

例えば、尿漏れパッドは「尿」をすばやく吸収するために
ポリマー(吸収材)を使用しています。
このポリマーは液体を吸収することに特化していて
尿を吸収した後もパッドの表面はサラサラ。蒸れも少なく、漏れることがありません。
尿漏れ3.jpg
逆に生理用ナプキンは、粘度の高い「経血」を吸収することに特化しているので
尿漏れパッドほどポリマーを使用していません。

なので、尿漏れ対策として生理用ナプキンを使うと
尿を吸収しきれず、漏れてしまったり、表面がべたついたりしてしまいます。

また、尿漏れパッドと生理用ナプキンの大きな違いは
アンモニア臭への消臭効果です。
生理用ナプキンも、一部商品に消臭効果が付いていたりしますが、すべてではありません。
生理用ナプキンと違い、尿漏れパッドには必ず消臭効果が付いていますから
気になる臭いを防ぐことができるのです。

ところで、生理中に尿漏れがある場合は
生理用ナプキンと尿漏れパッドどちらを付ければいいか
迷いますよね。

そんなときは、
経血量が多い場合は、生理用ナプキン。
経血量が少ない場合は、尿漏れパッド。
と使い分けるようにしましょう。

尿漏れパッドを選ぶときに確認したい3つのこと


①尿漏れの量はどのくらい?


尿漏れパッドの製品を選ぶ基準として
重要なのが、尿漏れの量です。

尿漏れパッドは、漏れる「尿」の量によって
製品が選べるようになっていて
だいたいパッケージに「〇〇cc」と書かれています。

でも、具体的に何cc漏れている、って
把握するのは難しいですよね。

なので、以下を基準に選んでみたください。

〇下着が少し湿る程度のチョビッと漏れ…10~30cc
〇下着がある程度濡れる…30~70cc
〇下着が濡れて、洋服までひびく…70~150cc
〇トイレに間に合わず、一度にたくさんの量がもれる…200cc以上


②その日の予定は?


尿漏れパッドを使用するシチュエーションによって
パッドの許容量も変わってきます。

例えば、いつでもパッドが取り換えられる場合は
上記の尿漏れの量の基準の最小量を基準にして選びます。
(例えば、「下着が濡れて、洋服までひびく」に該当する人で
こまめにパッドが取り換えられる環境にいる人は70ccで大丈夫です

夜間や長時間の外出でなかなかパッドが取り換えられない場合は
上記の尿漏れの量の基準の最高量のものを選ぶと安心です。
(例えば、「下着が濡れて、洋服までひびく」に該当する人で
長時間パッドが換えられない環境にいる人は150ccをオススメします)

観劇などで席を立ちにくい時などは
200cc以上を付けておく方がいいですね。

③自分に合った肌触りのものを!


肌がデリケートな方だと、化学繊維を使った尿漏れパッドで
かぶれてしまうこともあります。
そんな方のために、パッドの表面をコットン100%にした、
肌にやさしいタイプのパッドもあります。

せっかく尿漏れの悩みが解決できたと思っても、
肌が荒れてしまって、やはりパッドを外さないいけない、
ということになっては本末転倒ですので
肌質によってパッドを選ぶようにしましょう。

尿漏れパッドの女性用・男性用の違いとは?

尿漏れ4.jpg
男女で身体の構造は違いますので、
尿漏れパッドも、女性用・男性用とは形状が違います。

女性用は、ナプキンと同様でほぼ長方形。
下着の股(クロッチ)部分に貼り付けます。

男性用のパッドは、扇のような形になっていて
下着の前面に貼り付けます。

男性用の尿漏れパッド、トランクスはNG?


男性用の尿漏れパッドは、
パンツの前面に貼り付けて使用しますが、
この時のパンツは、トランクスはオススメしません。

理由は、身体にフィットしていないため
ズレてしまい、尿漏れにつながってしまうからです。

ボクサーパンツやブリーフなど、
身体にピッタリとフィットした下着がオススメです。

しかし、ブリーフやボクサーパンツは蒸れて困る!という方は
360℃全方向で尿を吸収してくれて、
通気にも優れた尿漏れ対応パンツもあるので
そちらがオススメです。

男性用尿漏れパンツ。エバーシャイニーはこちら

EVERSHINY アンダーウェア


尿漏れパッドは死ぬまで使うものではありません


ここまで、尿漏れパッドの特徴と選び方をご紹介してきましたが
誤解して欲しくないのは
「何か重篤な病気や認知症などで尿漏れを改善するのが難しい、
という方でない限り、尿漏れパッドは死ぬまで使うものではない」ということです。

なぜなら、大体の方は骨盤底筋を鍛えることで
尿漏れは改善するからです。

生理用ナプキンを使う機会のある女性ならわかると思いますが、
毎日尿漏れパッドをこまめに替えるのは
非常に面倒くさいですよね。

そのわずらわしさから、
生理が上がったら「やったー!」と喜ぶ女性もいるほどです。

ですので、今現在、尿漏れが気になっている方は
尿漏れパッドを使いながら、尿漏れが改善するように対策するべきです。

その対策とは、このブログでお伝えしていますが
骨盤底筋を鍛える体操だったり
骨盤底筋エクササイズクッション「キュットブル」を使ったり
尿漏れに効く漢方薬の「生漢煎 八味地黄丸」を飲んだり
さまざまな方法があります。

特に、骨盤底筋エクササイズクッション「キュットブル」は
家事をしながら・テレビを見ながらと
手軽に骨盤底筋を鍛えることができるのでおすすめです。

骨盤底筋にダイレクト!【骨盤底筋エクササイズクッション キュットブル】

 


ぜひ、尿漏れ対策を尿漏れパッドで終わらせるのではなく
尿漏れの原因の元を見直して改善していってくださいね!



posted by 36syuhu at 21:36| Comment(0) | 尿漏れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。